説明不足で起こる葬儀のトラブルには、「利用者側の甘さにも原因がある」と指摘されても仕方ありません。

葬儀は気が動転し、何をどうしたら良いかわからない中での進行になります。

千葉の事例でもそうでした。

葬儀屋の説明もソコソコに依頼してしまって、後から高額請求に疑問を抱いたり不信感をもったりするのも無理はありませんが、少なくても葬儀屋に一任は避けましょう。

※中見出し1 気が動転していて忙しかったからというのは言い訳・甘え?

事例にあった千葉の利用者には厳しい言い方になりますが、たとえば50万円や100万円の買い物をするのに、ろくに比較も確認も内容説明も聞かずに、ポンとこれでお願いしますといったような購入の仕方をするでしょか。

しかし千葉のケースだけではなく、実に多くのご遺族の方がこのような状況の中で葬儀屋のおすすめに乗ってしまっています。

葬儀屋はプロだから任せておけばというのは、選んだ棺や備品などの品質・価格もお任せということです。

後にそれが高額請求となっても、法律的に違法となるような事柄にはなりません。

※中見出し2 「説明をできるような状態でなかった」から説明は控えた。

千葉で苦情となった説明不足の葬儀については、まず利用者が、「気が動転していて詳しい説明を聞く余裕などなかった」と言っています。

そういう状況であるのに、葬儀屋の営業担当者に、「それでもあなたを無理やりにでもつかまえて説明すべき」というのは、少し都合が良すぎます。

葬儀屋には手配の都合があり、早く詳細が決まったほうが遺族に対する対応も行き届くと考えるでしょう。

高額請求をされてから相手を責めても解決はむずかしいと思います。

※まとめ見出し 葬儀屋の説明不足を避けたいなら、ご遺族の中で説明を聞き依頼する係を決めておくのが良いでしょう。

葬儀はご遺族の全員がバタバタ、右往左往してしまうものです。

そのような現場に葬儀屋の担当者が来てセールスを開始します。

説明不足や後からの高額請求などを回避したいのであれば、葬儀屋との交渉役・発注役をご遺族の中から選抜しておきましょう。

もっともシンプルな解決策です。